ネット診療予約はこちら
小児皮膚科:とびひ(伝染性膿痂疹)
トップページ > 小児皮膚科:とびひ(伝染性膿痂疹)
スマホサイト
  • 皮膚科/アレルギー科
  • アトピー皮膚炎
  • いぼ
  • 水虫・爪水虫
  • にきび
  • 手荒れ・湿疹
  • たこ・魚の目
  • ほくろ
  • その他の大人の皮膚病
  • 小児皮膚科
  • おむつ皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • 水いぼ
  • 美容皮膚科(自費診療)
  • レーザー脱毛
  • AGA(男性型薄毛)
  • ピアス
  • プラセンタ(アンチエイジングなど)
  • ケミカルピーリング
  • しみ治療
  • にんにく注射
  • 医療脱毛センター
  • WEBでご予約
  • スタッフ募集!

秩父市の皮膚科はらしまクリニック

とびひ(伝染性膿痂疹)ってどんな病気
顔や四肢、体のいたるところに起こる皮膚の皮むけと赤み、疼痛です。
顔では鼻や口まわりに赤いヒリヒリが起こったりします。
また、腕やわきなど体でも同様に赤いヒリヒリや皮むけが起こります。
どうしてできるの??
とびひの原因のほとんどは以下のようなものです。
  1. 湿疹をひっかいて爪の中や手のばい菌が皮膚に繁殖してしまったもの
  2. 学校などや自宅の風呂でとびひを持っている級友や兄弟からうつる
特に多いのは@です。乾燥肌を持ち、湿疹になりやすい子の大半はこのリスクがあります。
予防は適切な保湿につきます。予防治療も行っておりますのでお気軽に相談ください。

とびひ(伝染性膿痂疹)の治療について
とびひの重症度により抗生剤の塗り薬や飲み薬での治療を約1週間行います。
とびひのタイプや重症度によりより効果のある薬を皮膚科専門医が選択し、処方します。

[大事なことは、とびひを治すだけではまた再発してしまうことがあるということです。]

とびひの背景には必ず、乾燥肌や湿疹になりやすい背景があります。
これらの予防についても完治後に的確にアドバイスします。

埼玉県秩父市の皮膚科はらしまクリニック/皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科、内科対応/埼玉県秩父市


皮膚のことは、秩父市の皮膚科・美容皮膚科はらしまクリニックへ

埼玉県秩父市の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科・内科はらしまクリニック

埼玉県秩父市の皮膚科はらしまクリニック/皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科、内科対応/埼玉県秩父市