ネット診療予約はこちら
皮膚科/アレルギー科:たこ・魚の目
トップページ > 皮膚科:たこ・魚の目
スマホサイト
  • 皮膚科/アレルギー科
  • アトピー皮膚炎
  • いぼ
  • 水虫・爪水虫
  • にきび
  • 手荒れ・湿疹
  • たこ・魚の目
  • ほくろ
  • その他の大人の皮膚病
  • 小児皮膚科
  • おむつ皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • 水いぼ
  • 美容皮膚科(自費診療)
  • レーザー脱毛
  • AGA(男性型薄毛)
  • ピアス
  • プラセンタ(アンチエイジングなど)
  • ケミカルピーリング
  • しみ治療
  • にんにく注射
  • 医療脱毛センター
  • WEBでご予約
  • スタッフ募集!

秩父市の皮膚科はらしまクリニック

たこ・魚の目ってどんな病気?
足底、手などの皮膚の一部が硬く盛り上がった状態です。

皮膚のみが厚くなった状態のものをたこ(=胼胝:べんち)、厚くなった皮膚が深く奥へ食い込んで痛みを伴うものを魚の目(=鶏眼:けいがん)と言います。

つま先の細い靴や、ハイヒールなど足裏に負担がかかる靴を履いている人や片側の足をかばって歩行されている方などに多くみられます。

手荒れ(手湿疹)ってどんな病気?
診断について
たこ、魚の目の診断で大事なのはウイルス性いぼと間違わないことです。

魚の目の治療を漫然と続けてもウィルス性いぼの場合にはいつまでも治りません。
(※ウィルス性いぼの場合には他の部位に拡大したり、他の人にうつる感染症ですので、治療法も異なります。)

肉眼だけではたこ・魚の目と、ウイルス性いぼの区別が難しいこともあり、拡大鏡などで診断することもあります。
治療について
主に厚くなった部分を削り、魚の目の場合には芯を除去します。

再発予防のためのサリチル酸の外用療法を行うこともあります。

また、糖尿病の方などではたこや魚の目から二次感染を起こし、重症化することもあるためフットケアのご指導なども併せて行っています。

埼玉県秩父市の皮膚科はらしまクリニック/皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科、内科対応/埼玉県秩父市


皮膚のことは、秩父市の皮膚科・美容皮膚科はらしまクリニックへ

埼玉県秩父市の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科・内科はらしまクリニック

埼玉県秩父市の皮膚科はらしまクリニック/皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科、内科対応/埼玉県秩父市